非常用電源の確保タイプ

このタイプは、2011年3月11日の東日本大震災の後に
増えたタイプです。

福島第一原発事故が毎日、マスコミによって放映された影響もあると思います。

しかし、東電管内の人は実際に計画停電を体験したからかもしれませんね。

ワタゾーもギリギリ東電管内なので体験しました。
ロウソクに火を灯して。

しかし、太陽光発電は
『太陽の光』があってはじめて発電できるのですね。
では、このタイプの人たちは
非常用電源をどのように確保するのか見ていきましょう。

非常用電源確保のために蓄電池を装備

『太陽光発電を設置すれば電気を非常時に使える!』
と思っている方が多いと思います。

しかし、前にも書いてありますが
『晴れていて太陽の光があ昼間は非常用電源で使うことはできます。
しかし、条件付きで・・・』

太陽の光がある状態で発電している場合に
・パワーコンディショナーを自立運転モードに自分で切り替えます。
(※説明書にきりかえ方法は記載されています。)

・使用できる電気量は1500wまでです。

 

家電製品

 

ちなみに1500wはイメージ的にこのくらいです。
停電の時も電気は使えるのもご参考にしてください⇒

しかし、みなさんやはり
『夜に非常用電源として使いたい!』
という人が多いのですね。

ワタゾー家でも夜の計画停電と昼間の計画停電では夜の方が不便を感じました。

そこで、太陽光発電で発電した電気を
いつでも非常用電源を確保したいという人は
『蓄電池』を一緒に設置して
夜でも雨の日でも晴れた日に発電した電気を蓄電池に溜めて
つかえるようにしているのですね。

また、日産のリーフなどの電気自動車も蓄電池の役割ができるので非常用電源として使うことができるのです。

しかし、まだ蓄電池は金額が高く場所もとるため思うように普及していません。ようやく補助金も支給されえるようになりましたが容量的の大きさ・増加の問題が課題です。

とはいえ、蓄電池がなくても晴れていれば昼間だけでも非常用として電気を確保できれば十分という人も多いのでこのタイプの人も東日本大震災以降増えているタイプの一つです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ