ワタゾー家の自家発電設備はWダブルです!

今回はワタゾー家のエネルギー設備について
お話していきますね。

シャープのブラックソーラー4.18kwによる太陽光発電システムについてはすでに紹介していますが、もう1つ発電システムがあるんですよ!

家庭用燃料電池のエネファームなんです。
『W(ダブル)発電してます^^』

また、エネルギー使用量を一括管理できる
パナソニックの『ECOマネシステム』も導入しています。
エネルギーに興味津々で・・・

この辺を、紹介していきますね。

『もっと他にお金をかけよう!』と妻からカミナリが・・・
t17

それではカンタンに紹介していきますね。

改めて太陽光発電システムから

・メーカー:シャープ・4.18kw・ブラックソーラー単結晶
・太陽光パネルNQ-190AA:190W×22枚=4.18kw
・計:1,665,000円
・消費税:83,250円
・合計:1,748,250円

初期投資は国・都道府県・市町村からの補助金をひいて
1,748,250円(税込)-316,300円=1,431,950円
となります。

パナソニック製の家庭用燃料電池・エネファーム

Wダブル発電

エネファームを簡単に紹介しますね。
水素と酸素を反応させることによって『電気』『お湯』を作るんですよ!

みなさん、中学校の理科の実験でやった
『水の電気分解』憶えてますか^^

水を電気分解すると水素と酸素が発生するんです。
燃料電池はその逆で、水素と酸素を反応させることによって
『電気』を作るんです。

その時に『熱』生まれるんですね。
じゃ、もったいないからその熱を使ってお湯をつくっちゃおう!
というのがエネファーム(家庭用燃料電池)なんですね

酸素は空気中の酸素を使えば問題ありません。
問題は水素なんです。空気中にはないですからね・・・
じゃ~どうするの?

都市ガスやプロパンガス・灯油などから
水素を取り出して酸素と化学反応させるんです。

ワタゾー家では都市ガス(天然)ガスを使用してエネファームを運転してます。

電気は1時間当たりに最高750W作れます。
太陽光発電みたいにたくさん電気は作れません。

しかし、天気に左右されないのがメリットなんです。
地味に1日、8kwhくらい発電してくれて月220~250kwh確実に電気を作ってくれるんですね。

ただし、お湯を作りながらの発電ですので
夏の時期は発電量は冬に比べて少なくなるはずです。
この辺はまだ、夏を経験してないので、実際のデータを元にブログで報告していきますね。

◆エネファームはおいくら?

パナソニックのエネファーム

定価:2,761,500円
国からの補助金70万円
計2,061,500円
が定価ベースです。

新築時のキャンペーン・補助金などを利用して
1,011,500円(税込)でした。

ワタゾー家のW(ダブル)発電の設置価格は
1,431,950円(太陽光発電)+(1,011,500円)エネファーム
=2,443,450円(税込)

※補助金も引いてあります。

果たして何年で元がとれるかな?
ブログで公開していきますね。
5月くらいから発電量などを日々公開しけたらと考えています^^

ダブル発電だと売電価格はいくらなの?

買取価格(10kw未満) 期間
太陽光発電だけ 太陽光発電+燃料電池
(ダブル発電)
2009年 48円 39円 10年
2010年 48円 39円 10年
2011年 42円 34円 10年
2012年 42円 34円 10年
2013年 38円 31円 10年

2012年度に適応されるので34円になります。

後はHMESのECOマネシステムがついていますが
話しが、ながくなったので次回にお話ししますね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ