2013年11月の月間発電量は対シュミ値138%

11月は、意外と雨も少なく天気が続きました。
しかし、夕方4時半過ぎになると暗くなってしまいますね。
息子の友達もみんな4時半には帰るくらいですから。

2013年11月の富士市の気象情報をどうぞ。

日照時間(h) 気温(平均・℃) 降水量(mm)
最高 最低
1 207.5 10.2 0.5 67.0
2 166.4 10.9 2.3 119.5
3 193.4 17.3 7.4 113.0
4 195.7 19.3 9.9 252.5
5 193.1 23.3 14.7 135.0
6 93.9 25.9 19.4 170.0
7 125.5 29.5 23.6 111.5
8 200.3 31.6 24.5 122.0
9 194.8 29.4 20.7 238.5
10 119.5 24.0 17.4 266.0
11 181.3 17.4 7.5 118.0

日照時間が比較的多くと降水量も少なく、なんか期待できそうな感じです。
台風などの影響もなかったですしね。

発電量にどう影響してくるのか!?

予想を上回り400kWh超え!

2013.11-5

発電量:409kWh
売電量:377kWh
売電率:92.1%

当初、ワタゾーの予想は発電量は良くて350kWhくらいかなと思いました。
シュミ値でも一番発電量が低い月でしたので。

夕方4時以降になるとまわりの建物の影響で太陽光が遮られてしまいます。
これは、11月は太陽の位置が低いので仕方ないことです。

また、太陽の位置が低いということはパネルに当たる角度は直角でないので発電量が落ちるというわけです。イメージするとこんな感じ。

直角の光

パネルに太陽光が直角に当たると一番発電するのですね。
これは日射量とも関係していて、直角に近いほどパネルまでたくさん太陽光を届けてくれて発電量が増えるのです。こちらのページで詳しく解説

2013.11-6

10月までは1日多い時で20kWh以上発電していましたが
11月は1度も20kWh以上は発電しませんでした。

日照時間が少ないのもありますが、やはりパネルに当たる太陽光の角度が低いと発電しにくいということが解りました。

太陽光発電パネルはやはり最適な設置角度があるということを我が家の太陽光発電システムで実感しました。

シュミレーション値 実際の発電量 対シュミレーション値
1 353
2 339 407 120%
3 375 527 140%
4 397 525 132%
5 454 561 123%
6 355 405 114%
7 362 460 127%
8 425 533 125%
9 337 514 152%
10 321 352 109%
11 296 409 138%

対シュミレーション値は138%といううれしい誤算^^
10月が予想以上に悪かったので11月はもしかすると対シュミ値100%切るかな・・・
と思っていました。

一番の山場の11月を乗り切ったのでこれから少しづつ楽しい発電シーズンになっていくのかな?もう台風などの影響もなさそうですし。

ワタゾー家の11月の発電量
◆太陽光発電
発電:409kWh
売電:377kWh
売電金額:12,818円(377kWh×34円)
◆燃料電池・エネファーム
発電:252kWh
◆自家発電
661kWh(409kWh+252kWh)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ