9月は後半涼しくなり中旬以降に発電量アップ!

9月に入っても連日気温30℃を超える日が続いていました・・・
と思っていたら、急に涼しくなり過ごしやすくなりました。

当然、太陽光パネルやパワコンも同じで
30℃を超える暑さよりも涼しい方がよく発電してくれるのですね。

人間も太陽光発電もこの辺は同じです!

2013年9月の富士市の気象データ

日照時間(h) 気温(平均・℃) 降水量(mm)
最高 最低
1 207.5 10.2 0.5 67.0
2 166.4 10.9 2.3 119.5
3 193.4 17.3 7.4 113.0
4 195.7 19.3 9.9 252.5
5 193.1 23.3 14.7 135.0
6 93.9 25.9 19.4 170.0
7 125.5 29.5 23.6 111.5
8 200.3 31.6 24.5 122.0
9 194.8 29.4 20.7 238.5

日照時間や降水量は4月とほぼ変わりません。
違うのは気温のみですね。

平均の最高と最高で約10℃違います。
この辺がどう発電量に変わってくるかですね。

発電量は500kwhを超えていました!

2013.09

発電量514kwh
売電量447kwh
売電率86.9%

先月同様に自家消費量が増えているので東電からの買電量は増えています。
10月はガツンと下がる予定です。
下がればいいけど。

2013.09-1

中旬以降、急に涼しくなり気温も下がってきたので暑さによる
発電損失が少し減り安定しているのが解ると思います。

8月は1日の発電量MAXが20kwhちょっとでしたが
9月は23kwhを超える日も数日ありました。

日照時間や降水量は4月とだいたい同じですが
気温で平均10℃くらい違うので1日の発電MAXは
4月は26kwhを超えている日が何回かありました。
この3kwhの差は大きいですね。

暑さに強いパナソニックのHITやソーラーフロンティアなら
もっと発電するのかな?とも思いますが。

9月の売電額は447kwh×34円=15,198円です。

シュミレーション値 実際の発電量 対シュミレーション値
1 353
2 339 407 120%
3 375 527 140%
4 397 525 132%
5 454 561 123%
6 355 405 114%
7 362 460 127%
8 425 533 125%
9 337 514 152%

対シュミレーション値は152%と予想を上回るうれしい結果に。
シャープさんもっと自信を持ってもいいのに!とも思いましたが。
下がるより上がる方が人間うれしく気分がいいですからね。

10月からは日照時間が少なくなるので日射量も減ってくると思います。
どういう数字になるか観察です。

ワタゾー家の9月の発電量
◆太陽光発電
発電:514kwh
売電:447kwh
売電金額:15,198円(447kwh×34円)
◆燃料電池・エネファーム
売電:160kwh
◆自家発電量
674kwh(514kwh+160kwh)

10月は空調も止まるので光熱費削減に期待大です!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ