2013年6月の月間発電量は大幅ダウン

6月と言えば『梅雨』・・・ですね。
晴れの日よりも曇り・雨の日が多いのです。

ジメジメ感と蒸し蒸し感で気持ちも
くもり空ですね。
太陽光発電にとっても嫌な時期なんです。

特に前月の5月は最高数値をたたき出した後ですので
発電量の落ち込みも激しいのですね。

それでは、いろいろな角度から見ていきましょう。

6月の富士市の気象データ

 

日照時間(h) 気温(平均・℃) 降水量(mm)
最高 最低
1 207.5 10.2 0.5 67.0
2 166.4 10.9 2.3 119.5
3 193.4 17.3 7.4 113.0
4 195.7 19.3 9.9 252.5
5 193.1 23.3 14.7 135.0
6 93.9 25.9 19.4 170.0

 

日照時間が5月よりも約100時間少ないのですね。
当然、太陽光発電に影響する日射量も少なくなるということです。
それでは、どのくらい減ったのでしょうか・・・
見たくないですが、見てみましょう。

何とか400kwhオーバー達成

 

201306

 

発電量:405kwh
売電量:389kwh
売電率:96%

まぁ~100時間も日照時間が減ったので仕方ありませんが
この時期に400kwhを超えたので安心しました^^
正直350kwhくらいかと思っていましたので。

 

201306-1

 

5月は20kwh以上の発電日が12日ありましたが
6月は4日しかなかったです。

発電量が0kwhの日がなかったのが救いですね。

売電額は389kwh×34円で13,226円でした。ちなみに、5月より-5,242円でした・・・
太陽エネルギーのありがたさと凄さを改めて実感する数字ですね!

シュミレーション比較してみると

 

シュミレーション値 実際の発電量 対シュミレーション値
1 353
2 339 407 120%
3 375 527 140%
4 397 525 132%
5 454 561 123%
6 355 405 114%

 

114%と今までで一番低い数字ですが-になっていないのでOKです。7月は梅雨も明けてスッキリ快晴でガツンと発電してほしいものですね!

ワタゾー家の6月の自家発電
◆太陽光発電
発電:405kwh
売電:389kwh
売電金額:13,226円(389kwh×34円)
◆燃料電池・エネファーム
発電:217kwh
◆自家発電量
622kwh(405kwh+217kwh)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ