悪徳業者にご注意を!

今回はワイドショーなどで良く取り上げられる
『悪徳業者』についてのお話です。

前回の太陽光発電に関するトラブルでも言いましたが
2011年の国民生活センターへの3,926件の相談の7~8割は
『訪問販売会社』がらみのものでしたね。

すべての太陽光発電の訪問会社さんが悪いとはいいません。
しっかり地元にお店を構えて逃げも隠れもしないで
対応してくれるのであれば問題ないと思います。

ですが、多くの訪問販売会社はそうではありません。
現に相談件数がハンパないですから。

なので今日は
『アポインター』
『クローザー』

この2つの言葉を憶えてくださいね!

m_jinbutsu

さんちゃん、こんにちは!
今回は悪い業者、そうワイドショーなどに出てくる
『悪徳業者』について勉強しよう!

ワタゾーさん、こんにちは。
なんかワクワクしてくるね。
主婦はこういう話題好きなのよね^^

だから主婦が好きなワイドショーなどで
良く特集するのかなぁ~

それでは本題に入るね!
さんちゃん、訪問販売における
『アポインター』
『クローザー』
この言葉の意味はなんでしょう?

う~ん・・・
わからないよ~

そうだよね。
訪問販売の営業マンの役割のことなんだ。
だいたいね、2人で営業していることが多いんだよ。

『アポインター』は見積もりまでのアポどりが役割
『クローザー』は見積もりから契約までが役割なんだ。

分業制なんだね。
なんかプロ野球のピッチャーみたいだね

先発ピッチャーと抑えの切り札のピッチャーみたいで。
たしかに抑えのピッチャーはクローザー
試合を決めるという役割なので同じだね。

そうなんだよ!
アポインターはとにかく見積もりをとることだけに専念。
クローザーはその見積もりを武器に長時間かえらない。
というパターンなんだ。

決まり文句のように
『モニター販売のキャンペーンは今日まで』
『今日(今月)でないと明日(来月)からは高くなる』

といって期限を決めて焦らすんだ。
こんなのは勝手な訪問販売会社の作り話だからね!

お金ばかりの話しで
お客さんの要望や質問には答えてくれないんだよ。

ちょっと前のわたしみたいに
太陽光発電に興味があるけど、チンプンカンプンだと
契約しちゃいそうだね・・・

そうなんだ
すべての訪販の会社がそうだとは言えないけど、ほとんどが
『契約さえとれればそれでいい!』
という営業スタイルなんだよ。

そう考えるとなんか怖いよね。
国民生活センターへの相談件数も納得できるね。

太陽光発電ははじめて設置する人が多いよね。
だからテレビや洗濯機みたいに使用経験がない人がほとんどなんだ

そこを付け込んでくるのが悪徳業者なんだよ。
専門用語や使用経験がないから判断がむずかしく
主導権を握られてしまうんだ。

そうか!
太陽光発電を買い替えるなんて人は
そうはいないもんね。

また、クーリングオフの説明も
しないところが多いしね。
これも問題だよね。

ワタゾーさん
それじゃ、良い業者さんの見極めはどうすればいいの?

いくつかのチェックポイントがあるんだ。
この話は次回にしよう!

今日わかったこと
訪問販売会社の
『モニター販売は今日まで』
などの話しは勝手な作り話です。
契約は急がず、冷静に判断することが大切!

←第1回:太陽光発電に関するトラブルTOP第3回:良い業者とは→

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ