実感したメリット1・『エコ育』で子供の節電意識が高まった

今回は、太陽光発電を設置して日頃の生活の中で
実感したメリットをお伝えしていきますね。

プロフィールにも書いてあるように新築前のアパート時代は
テレビつけっぱなし
エアコンつけっぱなし
パソコンつけっぱなし

という感じです。
電気の使いたい放題、ひどかったです。ホントに!

それが、新築したことをきっかけに
あることを子供たちに提案したら意外な効果が!?

では何を子供たちに提案したかというと
『太陽光発電で作った電気を大切に使おう!
そして、余った電気を売ってCOCO’S(ココス)の
ごろごろ ガーリック ビーフハンバーグステーキを
食べに行こう!』

と提案しました。

エコ育

効果は絶大でした^^
ごろごろ ガーリック ビーフハンバーグステーキ大好きなんですよ。

最初は
『夏休みに好きなキャンプにたくさん行こう!』
『ディズニーランド&シーに行こう』
などにしようと安易に考えていたんですね。

しかし、子供は9歳の男の子と7歳女の子
目標達成期間が長い
飽きてしまう?
効果が薄くなる?
継続性がなくなる?
と思いました。
これまでの2人の性格と成長ぶりを見てきた父ちゃんとして!

ココスでハンバーグを食べるということであれば
すぐに目標をクリアできて子供たちも
よろこぶのではないかと考えたんです。

この予想が的中したんですよ♪

アパート時代はただ口で
『電気を消しなさい!』
などと注意していたんですね。

全く効果がなかったのです・・・

新築時などのタイミングで何かきっかけがあればと
常々考えていたのですが。

当然、『なぜ太陽光発電を家につけて
電気を自分の家で作り、電気を大切に使う』
という『エコ育』をしてから
ココス作戦を実行しました。

子供たちも、自分の家で電気ができるのが
うれしいみたいです。
踏み台を持ってきて表示モニターで良く確認しているんですよ。

ワタゾー家に小さい2人の厳しい監視員が誕生したのも
このころです・・・

誰かが電気を消し忘れたりすると
すぐにチェックが入ります。

『父ちゃん、パソコンつけっぱなし』
『ママ、キッチン・ダイニングの電気は2つまで
ダウンライトはつけなくても明るいでしょ!』

とアパート時代の時とは逆の現象なんですね今(笑)

2人ともエコという言葉を憶えて頻繁に
『エコじゃないとココス行けないよ♪』
が口癖なんです。

おかげさまで、家族全員の節電意識はグングン高くなっております。

太陽光発電をつけていうより
ココスのおかげですかね^^

このやり方がいいか悪いかわかりませんが
ワタゾー家では、こんな感じで家族で楽しく節電しています。

◆このやり方の注意点
1.はじめは短期間で目標、ご褒美がもらえる方がいい。
2.その方が継続的に習慣化できる。
3.ご褒美の金額が高い(旅行など)と1回目で満足してしまいそう。
4.ディズニーなど習慣化されると親が大変!
5.今日。今月はいくら電気を売ったなど具体的な金額は教えない

これを実行しております。

ずっと継続してほしいので目標値を高くしてしまうと
1回目は我慢できるけど、2回目は『もういいや』と必ずなるので。

これは自分の経験上もそうでしたので(笑)

1日や1ヶ月の売電金額を教えると
『ディズニーいけるじゃん!』
『ココス○回いけるよね♪』
となってしまうため。

そうなると、親の財布と体力がついていけないので。

ワタゾー家では
2か月に1回くらいにご褒美のココスに行くようにしています。
最近は、1ヶ月に1回ペースになりそうで・・・

こんなルールを家族で決めて子供たちと
『電気を大切に使う』
『節電することは大切なこと』
を少しづつ『エコ育』しています。

みなさんなりの節電意識向上のやり方があれば
教えていただければ、うれしいです^^

ワタゾー家ではこれからも子供と楽しく
『エコ育』していきます。

また、何か子供とあたらしい発見をしたときは
ブログで紹介していきますね^^

今日のポイント
太陽光発電を設置したら子供と一緒に取り組める
家族行事をやると子供節電意識が高まりますよ!
妻以上の監視役ができるデメリットもありますが(笑)
『エコ育』楽しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ