7月検針票・低圧電力がギュイーン

7月より電気・ガスが円安の影響で、また値上げですね。
8月はさらに高くなるようです・・・

5月6月と停止していた低圧電力契約の全館空調が6月16日よりドライ運転で稼働し始めました。

とても快適でいいのですが・・・ランニングコストも気になりますね。
ガスの使用量は減りましたが梅雨時でガス衣類乾燥機が大活躍!

はたして、7月の光熱費・検針票はどうだったのか・・・検証です。

ガスも1万円を割りませんね・・・

 

201307g

 

7月のガス使用量は69?で10,955円
1?・138.78円でした。来月は140.07円に値上げ。

エネファームの料金体系で138.78円は高いですね。
エネファームを使用しているメリットが???という感じでしょうか?

他の都市ガス地区ではもっと安いのかな?

ガス衣類乾燥機を毎日使用していましたがガス使用量はそんなに増えてないです。
先月より9?減っていますし。

ガス衣類乾燥機はホント優れものです。お勧めですよ♪

7月の一般電気(従量電灯B)

 

201307d

 

169kwhで5,491円

先月より55kwh増えていますね。
原因は2つ
1.お湯の使用量が減ってエネファームの発電量が少なくなった。
2.妻の教室の単独エアコンの稼働率が増えた。

1.エネファームは冬みたいにお湯を使わないので発電時間が減るとともに発電量も減っています。ただし、自動発電にしていますが今イチ発電してほしい時間帯に発電していないのでラーニング機能の性能が低いのかと疑ってしまいます。

冬の2月から5月はキッチリ発電してほしい時間帯に20時間発電してましたが。
そろそろ夏は手動発電にした方がいいのかなとも最近感じております。

2.これは教室だけは全館空調を入れていないので単独エアコンが稼働していたのでその分使用量が増えていると思います。

快適生活の代償はランニングコストに変身

 

201307t

 

低圧電力・全館空調は423kwhで11,593円でした。

もっと使用しているかなと思ったので少しホッとしています。
かなりの湿気でしたので家の為にもドライ運転と換気は常時していました。
28℃設定も良かったのかもしれませんね。

今年は例年よりかなり暑くなると言われているので、これからが夏本番
設定温度28℃で乗り切れるようにしないといけませんね。

7月分の売電額

 

201307b

 

415kwhで14,110円でした。先月より-1kwh

6月後半は梅雨で不調でしたが、7月に入り梅雨明けが例年より2週間早くなり発電量も増えた結果400kwhを超えてきました。

暑いのと引き換えにこちらはうれしい誤算でした。
まだ、暑さによる電力抑制は1回もないです。これから暑くなるのでモニターで毎日チェックです。

7月の光熱費のまとめ

 

7月(32日間)
6/15~7/16
発電量 売電量 自家消費量
太陽光発電 448kwh 415kwh 33.0kwh
エネファーム 206kwh 0 206kwh

 

発電量は先月の期間より増えていますが自家消費量が増えたので売電量が減りました。

 

従量電灯B 低圧電力 売電金額 ガス代
一般電気 全館空調
3月(28日間)

2/15~3/15

95kwh 597kwh 458kwh 113m3
3,421円 12,957円 15,572円 13,834円
4月(32日間)
3/15~4/15
93kwh 108kwh 558kwh 109m3
3,426円 5,725円 18,972円 15,274円
5月(31日間)
4/16~5/16
84kwh 0kwh 552kwh 102m3
3,317円 2,142円 18,768円 14,817円
6月(28日間)
5/17~6/14
114kwh 0kwh 416kwh 78m3
3,982円 2,142円 14,144円 11,984円
7月(32日間)
6/15~7/16
169kwh 423kwh 415kwh 69m3
5,491円 11,593円 14,110円 10,955円

 

電気代
一般電気(従量電灯B):5,491円
全館空調(低圧電量):11,593円
売電金額:14,110円
電気代:2,974円
ガス代:10,955円
4月光熱費:2,974円+10,955円=13,929円

7月は光熱費13,929円の出費でした。

全館空調の稼働と共にやはり光熱費はギュイーンとアップしました。
しかし、太陽光発電のおかげで全体的にみるとだいぶ抑えられているので助かっております。

今月のまとめ
エネファームの発電が減りガスの使用量が減った分、一般電気使用量が増えてましたがそこでの金額はさほど変わりませんでした。
むしろ全館空調をどうしたら快適で効率良く低コストで運転できるかを試していきたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ