6月の検針票・3,964円オーバー

6月のガス・電気の検針票がきました。

今月はまた、ガスが値上げしたのでどのくらいか?
特にガスはすごい勢いで?単価が上がっております。

結果から見ると
光熱費は『3,964円』の出費でした。

それでは、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

ガスの?単価が高すぎよ!

201306-1

今月のガス代金は
78?で11,984円でした。

先月が108?で14,817円でしたので
-30?で-2,833円

さすがに床暖やお湯の使用量が減ってきたので
ガクンとガス使用量は下がりましたが・・・

?単価が136.37円
2月の時が125.52円ですのでわずか4カ月で10.85円もアップ

単純に今月の使用量で計算してみると
78?×125.52円=9,790円
78?×136.37=10,636円
差額=10,636円-9,790円=846円ですね。

来月7月もまた、上がるらしいのでどこまで上がるのやら・・・

6月の一般電気代(従量電灯B)

201306-3

114kwhで3,982円
先月より30kwh使用量が増えています。

これは、お湯の使用量が少なくなり
エネファームでの発電量が減ったためです。

エネファームで発電した方がお得なのか?
東電から電気を買った方がお得なのか?
来月辺りになると検証できそうです。

6月の全館空調・低圧電力

201306-4

今回も使用量0ですので基本料金の2,142円です。

そろそろ、蒸し暑くなってきたのでドライ運転や冷房で来月辺りからグ~ンと上がりそうで怖いです^^

6月分の売電価格は?

201306-2

416kwhで14,144円でした。
先月から比べると-136kwhです。

5月後半から1日快晴という日が少ないのも影響しているのでしょうね。さらに、梅雨入りが早かったですし。

6月の光熱費のまとめ

6月(28日間)
5/17~6/14
発電量 売電量 自家消費量
太陽光発電 427kwh 416kwh 12.5kwh
エネファーム 227kwh 0 227kwh

今月は発電量が500kwhを下回りました。
4月5月が良すぎたということもありますが
400kwhを超えているので良しとしましょう。

従量電灯B 低圧電力 売電金額 ガス代
一般電気 全館空調
3月(28日間)
2/15~3/15
95kwh 597kwh 458kwh 113m3
3,421円 12,957円 15,572円 13,834円
4月(32日間)
3/15~4/15
93kwh 108kwh 558kwh 109m3
3,426円 5,725円 18,972円 15,274円
5月(31日間)
4/16~5/16
84kwh 0kwh 552kwh 102m3
3,317円 2,142円 18,768円 14,817円
6月(28日間)
5/17~6/14
114kwh 0kwh 416kwh 78m3
3,982円 2,142円 14,144円 11,984円

電気代
一般電気(従量電灯B):3,982円
全館空調(低圧電量):2,142円
売電金額:14,144円
電気代:‐13,309円
ガス代:11,984円
4月光熱費:11,984円-8,020円=3,964円

6月は光熱費3,964円の出費でした。

これから全館空調がバリバリ稼働すると思いますので
来月の検針票は電気代が多いと思います。

初めての本格的な夏季シーズンですので
どのくらい冷房やドライ運転で電気代がかかるかをレポートしていきますね。

今月のまとめ
お湯の使用量が減るとともに
エネファームの発電量も減りました。
結果、これから東電から買う電気が増えます。
エネファームか?
東電からの買電か?
どちらの方がお得か次回検証してみます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ