ECOマネシステム(HEMS)つけちゃった

今回は、HEMS・ECO(エコ)マネシステムについてのお話です。

太陽光発電やエネファーム・水・ガスなどのエネルギーを効率よく管理するために導入したんです。
まぁ~ワタゾーが興味津々でつけたんですけどね(笑)
補助金もえるので!

◆HEMS(ECOマネ)とは!?

H=Home
E=Energy
M=Management>
S=System
この頭文字をとった総称です。
ホーム・エネルギー・マネジメント・システムと言うんです。

※ECOマネシステムというのはパナソニックさんが出しているHEMSの商品です。

ではなぜ、導入したのか?
何がいいのか?
これをわかりやすく話していきますよ!

ECOシステムの設置の最大の理由は
『省エネ効果』
これにつきます!

電気・ガス・水道の『エネルギーのみえるか』がモニターやパソコンで一目でわかるんですよ!

特に『電気のみえるか』に特化しており
各部屋や各コンセントで1日に1ヶ月に
どれくらい電気を使っているかわかるんですね。

財団法人省エネルギーセンターによると
ECOマネシステムを設置した家庭では
前年比約11%の省エネ効果が期待できる
ということが報告されているんです。

『エネルギーのみえるか』
『電気のみえるか』
でワタゾーだけでなく家族全員に
『エネルギー・電気を無駄遣いしない!』
ということを意識してもらいたい狙いもあるんです。

どうしても、言葉で『何kw(キロワット)使った』とか言っても
自分が使っているかはわかりません。

しかし、数字で表示されて記録されるので
『リアルに無駄使いしている』
ということがわかっていくんですね。

そうすると、妻も子供たちも
省エネ・ECO(エコ)を意識し始めました。

太陽光発電をつけて実感したメリットでもお話していますが
効果は徐々に出てきています。
最初はココスが目的でしたが、少しでも省エネできると
管理画面のペンギンが楽しくダンスしているので嬉しいみたいです。
この辺はパナソニックさんのキャラ連動というアイディアもすばらしいですね。

◆HEMS・ECOマネシステムでできること

省エネ達成状況を表示
電気使用量
太陽光発電の発電量
燃料電池の発電量
ガス使用量
水道使用量
電力収支
料金換算(目安)
Co2収支

がリアルに数字で確認できるんです。
順に紹介していきますね。

◆電気使用量

でんきのみえるか

家全体ももちろんですが、このように各部屋のごとに
現在使用している電気が数字で見れます。
また、日・月・年間ごとのデータも取れのです。
また、使いすぎなどで気になる回路を登録しておくと
その系統回路だけピックアップされて見ることができるんですよ。

必要以上に使いすぎている部屋などを分析できるので
節電効果が期待できそうですね。

また、子供も自分の部屋がむずかしい言葉でなく
『数字で見て確認できる』のでわかりやすく
自然に節電意識が芽生えてくれればと期待しております。
ペンギンのキャラを採用しているのもパナソニックが
その点を意識しているのかなと思いますが^^

◆太陽光発電の発電量

太陽光発電グラフ

太陽光発電の発電と売電が数字とグラフで分かるようになっております。これも日・月・年間のデータが見ることができます。

◆燃料電池(エネファーム)の発電量

燃料電池棒グラフ

発電量が一目でわかるようになっております。

◆ガス・水道使用量

ガス使用量グラフ

電気みたい各ガス栓や水栓別の使用量は見れません。
家全体の使用量を日・月・年間ごとに比較することができます。

ガスの使用量は赤字が本来の数字です。
※ガスメーターの容量が大きいため、信号が1/10で送られてきます。

水道はCSVのデータダウンロードですと正確な数字ですがモニター表示ですと細かく出てきない様子です。
(水道メーターがECOマネ用でなかったため2013年4月26日、本日交換予定です。)

◆電力収支

電力収支

消費電力と売電電力が日・月・年間で見ることができます。
毎日このくらいの売電量があれば、うれしい限りですが^^

◆料金換算(目安)

e13

こんな感じになります。安すぎですよね。

e4

料金設定の画面です。基本料金が入っていないです。また、各エネルギーが使用量の段階ごとに単価が違うので料金換算では正確な数字にならないのですね。

などなど、このようにモニターで確認できるんです。
また、ルーターに接続して自宅のパソコンやテレビなどの大画面でも確認できます。

ワタゾーは自分のパソコンのIPアドレスを設定してパソコンでエネルギー管理をしております。

まだ、データが少ないので何とも言えませんが、データが溜まれば溜まるほど対策や傾向が見れそうで面白そうです。これからいろいろなデータ公開をしていきますね^^

最後にECOマネシステムはいくらなの?

総額250,000円
HEMS補助金:100,000円
合計150,000円

という感じです。
ただし水道メーターは2つつけるんですね。
1.市町村が負担する検針用メーター
2.ECOマネに信号を送るメーター

2の方は施主の負担つまりワタゾー負担ということが工事直前に判明!
何度も、工事前に確認していたのですが・・・
設置を希望する人はあらかじめこの辺は確認しておきましょう。

10年後に取り換えになりますが、強制ではなく施主希望になるんです。

当然、買えなくてもいいですが、メーターも消耗品です。
しっかりとした数字が信号で送られてこないこともあるそうです。

まぁ~ワタゾーは買えませんけどね^^
6万~10万くらいするらしいので・・・

ちょっとしたECO意識で省エネを!

“ECOマネシステム(HEMS)つけちゃった” への2件のフィードバック

  1. あき より:

    15万もの投資、元がとれないのではと思ってしまいますが、
    効果はどの程度と推算されていますでしょうか?
    11%の省エネ効果は、これでなくても、削減可能だと思います。
    また、パナAisegの方が安かったのではと思いますが
    比較検討されましたでしょうか?
    選定理由を教えていただきたく.

    • ワタゾー より:

      あきさま
      コメントありがとうございます。
      おっしゃるとおりで、15万の元はとるには難しそうです・・・
      ECOマネは勢いに乗って、また好奇心旺盛なところが重なり
      導入にいたりました。
      パナAisegの件ですが、時すでに遅しでした。
      三井ホームですでに建築中で
      変更が不可能でした。
      自分のパソコンでいろいろエネルギーの使用データが見れるのは
      重宝しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ