北面設置するべきか?

太陽光発電を設置したい!
けど、建物の立地条件・屋根の形状で
希望する出力の太陽光発電システムを設置出来ない・・・

でも、北面に設置すれば
希望どおりのシステムが設置できる。

南面を100%とした場合北面の発電効率は約60%です。

あなたなら設置しますか?

これからは、北面設置はやめた方がイイ!

理由は、最近、太陽光パネルの
北面設置における反射光で2件、裁判になった例があります。

そのうち2件とも負けてしまったのです・・・

いわゆる太陽光パネルの撤去命令です。
となると、高いお金をかけて設置したのを
また、お金をかけて撤去しなければならないのです。

これは精神的にショックですよね・・・
また、当然、ご近所さんとの関係も悪くなるのが見に見えますよね。

今は、北側に何もないとしても
数年後、家などが建ち反射光問題になるということもあるので
設置はしない方がイイです。

北面が大きな川などで絶対に家や建物が建たない
ということであればいいですが。

ただし、発電効率が60%なので
そこまでして設置するメリットが明確にあればいいですが。

ただ、単に出力をあげたいのであれば
北面以外に設置するパネルを単価は高いけど発電効率の良い
・パナソニックのHIT
・東芝の単結晶パネル

などにした方が長い目で見ていいと思います。

撤去はいろいろな意味でデメリットが多いですからね。

やはり一番嫌なのはこれから長く顔を見るであろうお隣さんやご近所さんとの関係が悪化するのが精神的にもきつくなるのが一番のネックではないでしょうか!

以上のことからワタゾーは
北面設置はおススメできません!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ