参議院選挙で太陽光発電はどうなの?

2013年7月21日(日)参議院選挙がありますね。

ここでワタゾーが注目したいのが各党の
・原発
・再生エネルギー

についてです。

特に再生エネルギーは与党のエネルギー政策が反映されてくるので
注目したいところですね。

各党の原発と再生エネルギーについて、カンタンにまとめてみたので
紹介します。

 

脱原発 再生エネルギー
自民党
公明党
民主党
みんなの党
維新
共産党

 

とこんな感じですね。

脱原発は各政党により政策が違いますが
再生エネルギーにおいてはおおむね各党とも普及させていく方針のようですね。

再生エネルギーでは
・太陽光発電
・風力
・水力
・地熱

などがありますがやはり私たち一般家庭においては太陽光発電がおすすめでしょう。

やはり再生エネルギーを有効活用してより多くの家庭や企業に普及していくようにその促進を手助けできるような政策を国民に選ばれた政党は短期的でなく長期的な政策を行ってもらいたいですね。

太陽光発電を使ってみて自家発電してみて電気のありがたさを今は実感しています。
脱原発が進みこれから電気代も上がる一方な今日。再生エネルギーの可能性・必要性は益々必要とされるのではないでしょうか。

7月21日はみなさん選挙に行きましょうね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ