太陽光発電システムは故障しないの?

前回は太陽光パネルと屋根の関係を
詳しく説明しました。
切妻・片流れ・寄棟・陸屋根のそれぞれの特徴など。条件のいい屋根はどれなのか?

今回は、『太陽光発電システムは故障するのかな?』
『メンテナンスフリーって良く聞くけど?』

などの疑問・不安を抱えている人がいると思います。

サザエさん一家に例えたお話はこちら⇒でも説明しましたが、各パーツの集まりです。

どんな点に気をつければいいのか?
自分でできるメンテナンスや故障を防ぐ方法などあるのか?

このあたりを、わかりやすく説明していきます。

登場人物

さんちゃん、今回は故障、メンテナンスの話をしていくよ。
設置した後も大切なのでしっかり勉強していこう!

ワタゾーさん『太陽光パネルは故障しない』って良く聞くけどホントなの?

結論から言うとね
『太陽光システムはメンテナンス。維持費がかかる!』
ということなんだよ。

さんちゃんの言っていることも間違いではないけどね。
しかし太陽光発電はパネルだけではないよね。
6つのパーツで電気を作るシステムだと。

たしかね、パネルは故障しにくいんだよ?
でもメンテナンスで考えた場合やはり『太陽光発電システム』で考えないといけないんだよ。

さんちゃんの乗っているエコカーの『プリウス』だって電気モーターだけで走っているんじゃないよね?
エンジンやブレーキ・オイル交換などのメンテナンスが必要じゃない?

そうか~。車と同じということね。
パネルばかりに気をとられないで、システム全体でメンテしていく必要があるんだね!

そうなんだ!まずは主役の太陽光パネルからみていこうか。

さんちゃんが言うように
『太陽光パネルの寿命は20年程度で故障は少ないんだよ!』
理由はね↓
『発電した電気を接続箱やパワコンに送るだけ』
だからなんだ。

故障の可能性があるとすると
電気を通す線『電極』に負荷がかかりすぎて膨張して断線することくらいで寿命は長いんだよ。

それじゃ~メンテナンスはいらない?ってこと

仮に太陽光パネルに砂埃など溜まっても、雨が降れば自然に汚れを落としてくれるんだよ!
どんな家でもパネルには10度以上の傾斜がついているからね!

例えば、パネルに鳥のフンや落ち葉が固まってパネルにこびりつくとメンテ、掃除が必要なんだ。

理由はね『発電量が少なくなってしまうんだ』
それだけならまだいいけど、『電極』に負荷がかかりすぎて熱で膨張して断線してしまうんだよ!

そのため、日頃から自分の目でパネルなどをチェックしておく必要があるんだよ。
その場合、自分で掃除できるところならいいけど、無理なところだったら、遠慮なく販売会社や取付業者さんに連絡して掃除してもらうんだ。
怪我したらそれこそ、いろいろな意味で高くつくからね!

もう一つのチェック方法はコレ↓
表示モニターで日々の発電量チェック!をしていれば早い時期で『パネルに異常がありそう』とわかるんだ。
これも毎日の歯みがきのように当たり前に習慣化しておくことも大切なんだよ^^

なるほどね!
そうかぁ~おしゃべりなカツオくん(表示モニター)が活躍するということね^^

監視役の役目もあるのさ!

他のパーツで故障が少ないと言えば、表示モニター・架台・電気メーター・ケーブルは故障しにくいパーツかな。

ということは・・・
パワコンは寿命が短いの?

そうなんだ!
太陽光発電システムで一番のメンテ、維持費用がかかるのは
パワーコンディショナーで通称『パワコン』なんだよ!
交換目安は10年~15年だね。

理由は、パネルで作った電気を家で使える電気に変換したりする作業をして働いている時間が長いからなんだ!
サザエさん一家だと波平さんだね。責任感強いから働きすぎるんだよ!

でも、そうしないと家で安心して電気が使えないからね。

そうなんだね~
一家の大黒柱だもんね!
交換するときの費用はどれくらいなの?

その家の太陽光発電システムの大きさにもよるけど、一般家庭では、目安としては約20万円くらいみておけばいいかな。

なるほどね。
テレビや冷蔵庫と同じ家電製品として考えておく必要があるわね。

そう考えると、スッキリするかもね!
テレビや冷蔵庫が日用必需品であるように
パワコンも太陽光発電システムではなくてはならない必需品だからね!

ここで、自分でできる日常点検表があるので参考にしてみて!

点検パーツ 目視点検項目 結果
太陽光パネル 表面の汚れ、破損
(鳥のフンや落ち葉など)
○ ・ ×
架台の腐食・さび ○ ・ ×
外部配線・ケーブルの損傷 ○ ・ ×
パワコン ボックスの腐食・さび ○ ・ ×
外部配線・ケーブルの損傷 ○ ・ ×
稼働時の異音・異臭
(けむりや焦げ臭いなど)
○ ・ ×
換気口フィルタや給気口の
目詰まり
○ ・ ×
接地環境(温度や湿度など) ○ ・ ×
発電状況 正常に発電しているか
表示モニターでチャック
○ ・ ×
接続箱 ボックスの腐食、さび ○ ・ ×
外部配線、ケーブルの損傷 ○ ・ ×

おぉ~。これはいいね
私みたいな主婦や女性でもこれがあれば
ある程度は日常点検できるわね♪

そうなんだ。
こうして日常点検をやって記録に残しておくことが大切なんだよ。
いざ、業者さんを呼んだときでもこの日常点検記録を見せれば
『この人しっかり点検してるな!』
と思い親身に相談に乗ってくれるはずだからね。

それじゃ~次回は停電の時にはどうするか?
について勉強していこう!

今日わかったこと
パネルだけでなく太陽光発電システムとして
メンテナンスと維持を考えることが大切!

←第13回:故障しないの?TOP第15回:補助金で合せ技一本!→

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ