パワーコンディショナー(波平)の役割について

前回までのおさらい
太陽光パネルも大切だけどそれと同じくらい架台も大切。
自分の家・屋根は勉強しないと自分で守れないということ!

今回は、パワーコンディショナーについてのお話です。

かなり重要な役割を果たすパーツです。
波平さんの登場です。
サザエさん一家に例えたお話はこちら⇒

登場人物

今回はパワーコンディショナー通称『パワコン』の話をするね。

pawakon

波平さんの登場ね。

言葉だけ聞くと難しそうだけど、直訳すると
『力を調整する』=『電気を調整する』
ということなんだ

そういわれると、わかりやすいかも。
まぁ~元気一杯のサザエさんをうまく波平さんが軌道修正・コントロールするんだね?

調整する点は同じだね。
主な役割は次の2つ
1.太陽光パネルで作った直流電気を交流電気に変える。
2.電圧や周波数もコントロールしてくれるんだ。

なるほど。

直流と交流・電圧について簡単に説明するね。
直流:時間によって大きさが変化しても流れる方向(正負)が変化しない電流
乾電池がそうなんだ。

乾電池

交流:時間とともに周期的に大きさと向きが変化する電流

電圧:値が大きいほど電気が流れやすくなる。

乾電池は直流なんだね。
たしかに家電製品には使えないもんね。

そう、パワコンの主な役割は直流電流を家で使うテレビや冷蔵庫用に交流電流に変えてくれることなんだ。

kaden2

他にはどんな役割があるの?

後は、いろいろな保護機能がついているんだ。
パワコン自体の破壊を防ぐ
パワコンの故障が他の電気機器・パーツに悪影響しないように防ぐんだ。

人に迷惑をかけない感じだね。
責任感強いんだ!
まさに波平さんだね^^

パワコンの話しになると
変換効率
対応年数
屋外か屋内設置か
熱に対して強いか

などの比較ポイントがピックアップされるけど
今回はパワコンの役割だけを覚えてもらえれば十分だよ。

まずは太陽光発電のシステムを理解することが大切ということね。

そうそう、パワコンの比較ポイントなどはもう少し勉強してからしよう!

わかった^^

次回は、電気メーターについてのお話です。

今日のわかったこと
パワコンは直流から交流に電気を変える役割がある。
いろいろな保護機能で各パーツを守ってくれる。

←第6回:縁の下の力持ち『架台』|TOP|第8回:電気メーターは大蔵省→

よかったらシェアしてください。

“パワーコンディショナー(波平)の役割について” への2件のフィードバック

  1. うどん県 より:

    ワタゾーさんはじめまして
    香川でSANYOのパネル9.45kw設置して3年になります。
    売電は文句なしですが先月、突然パネルは発電しているのにパワコンの電圧が高くなりすぎたとかでパワコンに抑制がかかり売電できないトラブルが発生しました
    施工業者や電力会社に問い合せてなんとか元に戻りましたが原因が今いち分からず電力会社にも、うやむやにされてしまいました。
    今後もまた起こるかも知れないトラブルなのでワタゾーさん何か対処法とか
    お知りでしたらご教授ください。

    • ワタゾー より:

      うどん県さん、コメントありがとうございます。
      パワコンの温度上昇抑制機能が働いたのですかね。
      サンヨーのパワコンですと室内設置ですから
      パワコンの設置場所が熱がこもりやすいところですと
      小さな扇風機などでパワコンの熱を拡散してやるなど。
      それでも頻繁に起こるようでしたら
      電力会社に電圧調査をしてもらうのが
      いいかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ